あれれ…^^;の橋梁製作・・・鋼橋編


橋の製作に関する、色々な話題です。業界以外の方々にも、興味を持てる解説… みんなの力で、製造業の未来を切り開きましょう!!!


橋造りに携わる皆様、今日もお疲れさまです!!

このホームページは、主に橋梁原寸(生産設計)の話題を取り上げています。
設計や製作に関わる方々も、是非一度立ち寄って下さい。
力を合わせて、橋造りの技術を磨きましょう。
みんなの力で後世に ”日本の橋造り ” を継承しましょう。


別館へ立寄る お経読誦”健康法”解説のHPです。お疲れの人は立寄ってみて下さい。



感謝!!ありがとうございました。 最近、心ある方々からアドバイスを頂くことが出来ました。
これは「橋を作る上での理屈」なので、知っておいて損は無いことです。
皆さまにも関心を持って頂けたら幸いです。


★3次元原寸システム ”proBridge” を紹介しています。☆

★切断・孔明・溶接データ編集システム ”SoftDraw” を紹介しています。☆

コンテンツにある”proBridge"は、”CRCソリューションズ社”、
”ミプソン、マスターソン”は、”JIPテクノサイエンス社”に帰属するシステムです。
”CL/DLデータ”は、”JIPテクノサイエンス社”のNCデータフォーマットです。
”AutoCad”及び”AutoCadLT”は、”オートデスク社”の登録商標です。
”SoftDraw”は、 SoftBridge社 サノテック社に帰属するシステムです。
各々のシステムの詳細は、帰属主へお問い合わせをお願いします。
(このホームページでは、良いものを良い!!と紹介しています。^^;)

<<あれれ…^^; 2020年9月のひとり言>>


_/_/ 残暑の続く今日この頃。
_/_/
_/_/ 『残暑』とは立秋以降の暑さを指す言葉らしいので、
_/_/ 8月7日以降の夏日は全て『残暑厳しき折』という文言に成ってしまうようですが、
_/_/ 私の住むここ尾道の向島では、立秋以降、夕立による雨さえ降らないような状況です。
_/_/
_/_/ そのせいか、今年はお盆を過ぎても朝夕の気温さえ下がっていないように思うのですが、
_/_/ 同じ尾道でも雨の降った山間部だと、多少は違うのかなぁ?
_/_/
_/_/ 今年は梅雨明けも例年よりは遅かったので、広島県で『盛夏!』と呼べるようなお天気が続くようになったのは、
_/_/ 8月6日の『原爆の日』頃からではなかったか?と思いますが、それにしても、もう9月なのに……ですよねぇ。
_/_/ (梅雨明け後の一週間は、梅干しの土用干しさえ躊躇する天候だったような???)
_/_/
_/_/
_/_/ ちなみに今年は立秋が7日だったのなら、この夏に堂々と『暑中。お見舞いを……』という文言を使えたのは、
_/_/ 8月6日の1日だけに成ってしまったのでしょうか?
_/_/
_/_/ 一ヶ月前には一部メディアの予想でも『今年の夏は冷夏?』みたいな話も有ったやに思うので、
_/_/ その頃にこの長く厳しい残暑を予測された方は、おそらく多くは無いと思いますが、
_/_/ こうして『蓋を開けてみれば……。』じゃないですが、今も熱中症への備えは重要な状況です。
_/_/
_/_/ 何事も『蓋は開けてみるまで分からない』ものですが、天候とか天災とかは、その代表格なのでしょうねぇ。
_/_/
_/_/ 私たちに出来るのは、日々の精進だけなので、月並みな言い方には成りますが、
_/_/
_/_/ 皆さまにも熱中症や夏バテに備えて、快眠・快食を心掛けて頂けたら幸いです。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ ちなみに一ヶ月前の8月の初旬に『8月中の安倍総理辞任会見』を予想された方は、どれくらい居られるのでしょうか?
_/_/
_/_/ 政治の世界では『総理は衆議院解散の有無だけはウソをついて構わない。』という慣例が有るらしいので、
_/_/ 私も『秋に成って少し涼しくなったら、そんな話も出るのかなぁ……。』くらいには思っていたのですが、
_/_/ ニュース速報が首相辞任の報を告げたのは、8月28日。
_/_/
_/_/ 暦の上では確かに『秋』なのですが『この猛暑の折に……。』とは、皆さんも思ったでしょうね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/ 何気に総理大臣と言えば『安倍さん』と思ってしまう程に長い(7年8ヶ月?)政権なので、
_/_/ 『そう言えば安倍さんの前は誰だったっけ?』とか『8年前って、何をしていたんだっけ?』とか、
_/_/ ちょっと気になって調べてみたのですが、そう言えば2012年って、まだ『コンクリートから人へ』の時代だったのですね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/ その年は3月に東北で大震災が有ったため、多くの犠牲者と共に社会インフラやら原発も崩壊してしまい、
_/_/ 『やっぱり、最低限のコンクリートは必要なのでは?』とか、思われた方も居たのではないでしょうか?
_/_/
_/_/
_/_/ あの頃は総理大臣も1年毎に変わっていたと思うので、場当たり的?と言えば言葉は悪いですが、
_/_/ 『いつに成ったら景気は良く成るの?』的な不安感ばかりを感じていて、重苦しい空気も漂っていたような?
_/_/
_/_/ 正確には政権交代で野田総理から安倍総理へと変わったのは12月のことだったようなので、
_/_/ 8年前の夏と言えば、不景気にも慣れっ子に成ってしまい、諦めにも似た緩い雰囲気も漂っていたようです。
_/_/ (丁度この年に、ネコの『レオ君』は家へ来たようです。
_/_/  行きつけの温泉を沼隈の神勝寺から御調のふれあいの里へ変えたのもこの年。
_/_/  夏にはロンドンでオリンピックも開催されていた模様。)
_/_/
_/_/
_/_/ あれから8年も経ったのかぁ……って、なんだかつい数日前の出来事のようにも思えて、
_/_/ 人間の記憶って曖昧だなぁ……と、切に思う訳ですが、実際8年前も今も、あまり変わらないンですよねぇ。
_/_/
_/_/ 勿論、この8年の間に周囲の環境には色々と変化も有った訳ですが、殊、仕事面に関しての環境には進歩が無い。
_/_/ 『安倍のミクス!3本の矢!』が放たれようと、実感無き好景気が続こうと、やってることは8年前と同じ。
_/_/
_/_/ ……と言うのか、8年前にはメインに成りかけていたエクセル関連の仕事が無くなったので、実質的には後退かな?
_/_/
_/_/ 要するところ、儲からないことに関しては、今も8年前も18年前も同じ!……ですね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 実は今年の夏、弊社での操業度は限りなく『ゼロ』に近い状況に成っているのです。
_/_/ まぁこれには色々『こうなってしまう要因』が有る訳で、当然、こうなってしまうことの予想も出来た訳ですが、
_/_/ このご時世に出来る営業活動には、色々と制約も有った訳で……。
_/_/
_/_/
_/_/ と言うのか、難しいですよね。
_/_/
_/_/ 直近の数年間、ほぼ100%弊社の操業度を支えていた客先からの仕事が途切れると、営業の転換なんて難しいですよね。
_/_/
_/_/ そもそもが弊社の業務体制も、その客先の要望に応えるだけの体制に成ってしまっている訳で、
_/_/ 仮に他の客先から『橋梁の3次元モデル作って欲しい!』といった依頼が有ったとしても、
_/_/ 『3次元CADが有りませんので……。』と返事をするしかないのは現実です。
_/_/
_/_/
_/_/ 結局のところ儲からないのは、請負っている業務を昔ながらのやり方で対応している進歩の無さが原因?
_/_/ と言えなくも無いのでしょうが、まぁもうそれも『今さら……。』ですよねぇ。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 予定では9月の末までこの状況は続きそうなので、今さらでも、ソフトドローの勉強でもしてみましょうかねぇ。
_/_/ ……とは言いつつ、最近は2次元CADで作成出来るような原寸の依頼も無いンですよねぇ。
_/_/
_/_/ 10年程も前なら、こんな時は既設桁の補強案件とか、結構ややこしくても2次元CADで出来る案件も有ったのですが、
_/_/ この数年間の橋梁原寸案件では、兎にも角にも専用のシステムが必要な案件ばかり。
_/_/
_/_/ 勿論その方が客先でも作業効率は良い訳で、敢えて効率の悪い補強案件を?……という事情は分かるのですが、
_/_/ やっぱり補強案件の工事って、採算面においても難しいのでしょうね。
_/_/
_/_/
_/_/ なかなか『東京リボーン』で言うような『再生』は、頭じゃ効率的と分かっていても、現実には課題も多い。
_/_/ (日本の製造業では、薄利でも多売を良しとする風潮とかも有りますしねぇ。^^;)
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 先日……とは言っても、これはかれこれ一ヶ月も前の8月5日のことですが、
_/_/ 株式会社日刊建設通信新聞社様主催のBIM/CIM LIVE 2020を受講(視聴)させて頂きました。
_/_/
_/_/ 私はこれまでこの類のイベントへ参加したことは無かったので、何もかもが初めての経験だったのですが、
_/_/ いや、良いですね!自宅で講習会に参加出来ると言うのは。
_/_/
_/_/ 最初はネットにさえつなげば、TVでも視聴出来ると思い、LANケーブルを引き擦り回していたのですが、
_/_/ さすがにこれだと映像は不安定?だと思ったので、パソコンでの視聴に変更。
_/_/ 開始の5分前までスピーカーの設置に手間取って、ふうふう言いながら椅子に座ったのですが、
_/_/ いや、ユーチューブでこれだけのことが出来るのなら、良いです!有難いです!
_/_/
_/_/
_/_/ そもそもが今までならこういったイベントは、東京とか大阪とかの大会場を使って行われていたのでしょうが、
_/_/ そのイベントに自宅で参加出来る……って、最初は『PDFを配布するだけと何が違うの?』って思ったのですが、
_/_/ 最初の講演者さんが『ビムシム』って言葉を発した時点で、私の認識は変わりました。
_/_/
_/_/ 『BIM/CIMって、ビムシムって読むんだ!』
_/_/ (少なくとも私は『ビーアイエム、シム』だとばかり思っていた。)
_/_/ そう言えば昨年のソフトドローのユーザー会で、誰かがビムシムって言ってたのは、このことだったンだ!
_/_/
_/_/
_/_/ まぁ『知らない!』って言うのはある意味『強み』で、ビムシムっていう発音を知らないのであれば、
_/_/ 『そうそう、あれあれ、国交省の推進している、ビーなんとかって有りますよね。』
_/_/ これでも相手方の頭には『BIM/CIM』っていう文字が浮かぶはずなので、会話自体は成り立ちます。
_/_/ (Building Information Modeling/Construction Information Modelingをフルで発声するよりは、人間味も有ると思います。)
_/_/
_/_/ しかしそれが『ビムシム』って、たったの4文字で表現出来るンだ!って思ったら、
_/_/ 『そんなに簡単な単語なら、人間味もあるじゃないか。』って、数日後には私も客先で『ビムシム!』言って来ました。
_/_/ (PDFの教材にはビムシムというカタカナ4文字は出て無いですものねぇ。)
_/_/
_/_/ やっぱり言葉じゃないと伝わらない、と言うのか、文字だけでは伝わり辛いことって有るンですねぇ。
_/_/
_/_/ ちなみに講習会で紹介されていた『AI』もそうです。
_/_/ (勿論、これをエーアイと発音することくらいは知っているのですが……。)
_/_/ AIって『推論エンジン』とか『人工知能』とか難しい概念で捕らえがちですが、
_/_/ 講習会では『ダンプカーを他の車とは別物』として画像認識させる技術をAIの導入例として紹介されていました。
_/_/ (要は、ダンプカーの台数だけを数えられたら、運ばれた土砂の量が分かる!という話。)
_/_/
_/_/ これには私も『あっ!』じゃないですが、AIを使うということは、AIを作ることとは違うんだ!って、気付かされました。
_/_/
_/_/
_/_/ 要は発想の転換じゃ無いですが、使った土砂の量とは、切り出した土砂の量なのか、運んだ量なのか?
_/_/ 同じ問題に対して2つの解決手段が有る。(おそらくは、もっと沢山の方法は有るのでしょうが……。)
_/_/
_/_/ こういった様々な問題に解決の糸口を気付かせてくれるのが、講習会なのですね。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 今年はソフトドローのユーザー会もネットでの配信?という話が有るようです。
_/_/ 確かに色々な問題も有るとは思うのですが、もしこれを実現出来たら、ソフトドローの評価はもっともっと上がると思います。
_/_/ だってソフトドローって『CAMソフト』なのですから、本来なら、数百万円が定価でも不思議では無いソフト。
_/_/ それがまだ40社での導入に留まっているのは、知名度の問題だけなのだと思うのです。
_/_/
_/_/
_/_/ それはGoogleの検索窓に『ソフトドロー』とカタカナで入力して検索すると気付かされるのですが、
_/_/ ブラウザの1ページ目に表示されるのはドロー系のソフトばかり。
_/_/ ところがこれを『SoftDraw』ってアルファベットで検索すると発売元の社名と共に、先頭行に表示される訳です。
_/_/
_/_/
_/_/ ドロー系ソフトって画像(CG)をイメージさせるソフトですよね?
_/_/ それって、ただでさえ『図面やNCとCGを一緒にはしないで欲しい!』って力むような技術屋さんなら、
_/_/ 即『違う!』ってブラウザを閉じてしまうと思うのです。
_/_/
_/_/
_/_/ 実際、土木業界以外の方が『ソフトドロー』っていう単語だけを耳にしてGoogle検索をする場合に、
_/_/ 『SoftDraw』っていうアルファベットのフルスペルを検索窓に入力するなんてことは、有り得るのでしょうか?
_/_/ そこには『ソフトドローを導入するのは、土木関連の会社だけ』という先入観が有るように思うのです。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ ちなみに、今でも小学校や中学校の授業では三角定規とかコンパスとか使っているのかなぁ。
_/_/ 今どきは一人の生徒に一台のタブレットが当たり前に成ろうとしているご時世です。
_/_/ タブレットならCADくらいは使えるのでしょうし、だったら、作画したデータの利用法くらいは考えるはずです。
_/_/
_/_/
_/_/ 模型の車を、意図した道筋通りに動かす……とか、それをどこかの学校では『プログラミング』と言っているようですが、
_/_/ 模型の車を、作画した道筋通りの動かせるのが、CAMソフトというものです。
_/_/
_/_/ もしかしてソフトドローがCAM系のソフトだと知らない学校の先生が居るのなら、残念な話ですよね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ ところで8月5日のBIM/CIM LIVE 2020の受講者(視聴者)は、平日にも関わらず1000人を越えていたはずです。
_/_/ (私の記憶は定かじゃ無いですが、最大時のアクセスカウントは確か1800越えだったように思います。)
_/_/
_/_/
_/_/ 講演とか講習とかは、主催者側にすれば1人に対してのコストも、数万人に対するコストも同じ。
_/_/
_/_/ 参加者側も移動によるコストは掛からない訳だから、見るだけなら見てみようと思う人は多いはず。
_/_/
_/_/ より多くの人の目に触れれば、ソフトドローの知名度も、一気にアップする可能性が有る。
_/_/ (土曜とか日曜とかに再放送的なことが出来たら、より多くの人の目にも触れるはず。)
_/_/
_/_/
_/_/ ソフトドローの人気に火が付けば、もしかすると弊社へも『DLとかFLデータを作って!』とか、
_/_/ 『CL修正のついでに、部材表も作って!』とか、私の微力量にも適した依頼が来るかも知れない。^^;(私は取らぬタヌキ?)
_/_/
_/_/
_/_/ あわよくば、小中学校や高校での『授業』でも使われるような、アプリとしての位置付けを得られたら?
_/_/ (もしかして、ソフトドローの使い方とCAMの初歩を教えて!的な、講師の道とか開けたり……。)
_/_/
_/_/ その可能性は、ロト6で1等を当てるよりは遥かに高いでしょうし、なによりも『夢』が有りますよね?
_/_/
_/_/ だったらやっぱりこの機には、ソフトドローの再勉強をしておきましょうかねぇ。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 今年の夏は例年以上に暑い!という話題も多いので、何気に昨年はどうだったけ?
_/_/ 過去のコンテンツを調べてみたのですが……。
_/_/
_/_/ 昨年はお盆の最中に台風が到来して、この時季は曇りや雨が多かった模様。
_/_/ その前年(おととし)は7月の西日本豪雨以降、やはり猛暑が続いていたようです。
_/_/ (ちなみにその前年、2017年の夏は、今年と同じような天候だったようです。)
_/_/
_/_/
_/_/ 昨年もおととしも、お盆の最中に父が熱中症を起こして入院した出来事は、まだ記憶にも新しいですが、
_/_/ 今年は何もない……と言うのか、コロナの影響で盆供養のための行事まで中止。
_/_/ だからと言って『じゃあ、旅行にでも!』とも思えないのが、田舎育ちの長男なのでしょうかねぇ……。
_/_/
_/_/ 結局のところお盆の3日間、妻は毎朝、仏壇へ供える料理作り。
_/_/ 私は毎晩、仏壇への読経……と、何気にお盆の雰囲気だけは整えた訳ですが、
_/_/ 広島市で暮らす長男からは、電話で『お盆って、やっぱり帰宅した方が良いのかな?』
_/_/
_/_/
_/_/ まぁこの会話には色々と伏線も有って、確かにこの猛暑の折に生後3ヵ月の赤ん坊を連れ回すのも如何?なのですが、
_/_/ そんなことって、父親に成った息子が、お爺さんに聞くことなのかなぁ……ですよねぇ。
_/_/ まぁ、私とて真剣にお経とか覚えようと思ったのは40代に成ってからだし、今とて亡父ほどには盆の行事に拘って無いですし……。
_/_/
_/_/
_/_/ とは言え、今年はお盆に帰省出来ない人だって大勢居た訳で、それが出来たのであれば、ありがたいことですよね。^^;
_/_/ (本当は、今、当たり前のように出来ている事こそが、一番『有り、難い。』)
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 今日も一日を無事に過ごせた事だけに、感謝!です。
_/_/
_/_/ 精進致しますので、皆様も日々の精進を心掛けましょう!!
_/_/





【過去のひとり言】
2013年1月〜2013年12月

2014年1月〜2014年12月

2015年1月〜2015年12月

2016年1月〜2016年12月

2017年1月〜2017年12月

2018年1月〜2018年12月

2019年1月〜2019年12月

2020年1月〜

LAST UP DATE 09.01.2020

FIRST UP DATE 10.08.2000

更新不定期(目標は、月1回)

このホームページの内容を、管理人の許可なく転用することは禁じます。