あれれ…^^;の橋梁製作・・・鋼橋編


橋の製作に関する、色々な話題です。業界以外の方々にも、興味を持てる解説… みんなの力で、製造業の未来を切り開きましょう!!!


橋造りに携わる皆様、今日もお疲れさまです!!

このホームページは、主に橋梁原寸(生産設計)の話題を取り上げています。
設計や製作に関わる方々も、是非一度立ち寄って下さい。
力を合わせて、橋造りの技術を磨きましょう。
みんなの力で後世に ”日本の橋造り ” を継承しましょう。


別館へ立寄る お経読誦”健康法”解説のHPです。お疲れの人は立寄ってみて下さい。



感謝!!ありがとうございました。 最近、心ある方々からアドバイスを頂くことが出来ました。
これは「橋を作る上での理屈」なので、知っておいて損は無いことです。
皆さまにも関心を持って頂けたら幸いです。


★3次元原寸システム ”proBridge” を紹介しています。☆

★切断・孔明・溶接データ編集システム ”SoftDraw” を紹介しています。☆

コンテンツにある”proBridge"は、”CRCソリューションズ社”、
”ミプソン、マスターソン”は、”JIPテクノサイエンス社”に帰属するシステムです。
”CL/DLデータ”は、”JIPテクノサイエンス社”のNCデータフォーマットです。
”AutoCad”及び”AutoCadLT”は、”オートデスク社”の登録商標です。
”SoftDraw”は、 SoftBridge社 サノテック社に帰属するシステムです。
各々のシステムの詳細は、帰属主へお問い合わせをお願いします。
(このホームページでは、良いものを良い!!と紹介しています。^^;)

<<あれれ…^^; 2021年6月のひとり言>>


_/_/ それは先月、黄金週間中に終えることの出来なかった『屋根の塗装』で焦っていた頃でしたっけ?
_/_/ 屋外での作業だったこともあり、何気に天気予報は気にしていたのですが、
_/_/ 『12日頃から天気は崩れます。』という予報だったので、それまでには目途を付けなくちゃ……、
_/_/ とは言え、まだ梅雨入りには間も有るだろうし、焦ることも無いよねぇ〜〜〜。
_/_/
_/_/ ……って、5月の15日でしたっけ?
_/_/ 『気象庁は、中国地方が梅雨入りしたとみられると発表しました!』
_/_/ それって、今年の春は終わり! 屋根の塗装も終了! ってこと?
_/_/
_/_/ 5月の12日には、ここ広島県でもコロナへの『緊急事態宣言』は出されるし、
_/_/ 日帰り温泉へ行くのは躊躇われるし、お遍路なんて県外旅行は問題外?
_/_/
_/_/
_/_/ まぁもう天変地異には天変地異の上塗りで、じっとして居るしかないような日々ですが、
_/_/ 皆さまには、ご健康にお過ごしでしょうか?
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 『こんな時だからこそ、仕事に集中出来るじゃないか。』
_/_/ そう思ったのは前回の緊急事態宣言発出時(昨年)でしたっけ?
_/_/ 今回は、この巣籠り状況に『閑散期』までが重なってしまったようで、
_/_/ 5月の中旬から続く『ゼロ操業』も早や半月。
_/_/
_/_/ ……と、まぁ実際には5月の下旬に発注される予定だった案件が、ひと月ほど延期になった……と言う話なので、
_/_/ 材料発注図での図面検討だけは許可を頂き、DIYの合間合間には準備作業も進めているのですが、
_/_/ このままだと6月の売上は『ゼロ』って、これは本当にきつい話ですよねぇ……。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ これはかれこれ20年前、私は自分で会社を作る折にあれこれ『試算』をしたのですが、
_/_/ その際に想定したのは『年間で約3ヶ月のゼロ操業』でした。
_/_/ 確かに3ヶ月も売上ゼロが続けば経費を賄い切れなくなってしまう可能性は有るのですが、
_/_/ 経費には変動費と固定費が有るから、固定費だけをなんとかすれば、持ち堪えることは出来るのでは?
_/_/
_/_/ そんなこんな、弊社では『リース』とか『サブスクリプション』みたいな契約は、努めて行わないことにしています。
_/_/ その環境に加えて、今は『給与』という準変動費も抑えることが出来ているので、
_/_/ 『まぁ、お茶漬けだけススっている分には、生活は出来る』状況なのですが、
_/_/ おそらくは、巷での現状は違うのでしょうねぇ。
_/_/
_/_/
_/_/ 実際のところ、今年に成ってから仕事の依頼を請けているのは『一社、一部門』の客先だけ。
_/_/ これって多分、橋梁っていう業界の産業構造自体も変わって来ているのでしょうね。
_/_/ だって『在宅勤務』とかで、外注先の管理とかは出来ないでしょうから……。
_/_/
_/_/ ちなみに広島市の自動車メーカーへ勤めている私の長男などは、会社への出勤は週に一度とか言っていたような?
_/_/ まぁ、彼は社内でも研究が主のような部門へ居るようなので『外注管理』は無いのかも知れませんが、
_/_/ 緊急事態宣言の延長が発表されたつい先日、TVで報道されていたのは、広島県からの『より一層の在宅勤務要請』でした。
_/_/ (広島県は他県と比べると『生産現場』が多いので、想定されている程には、在宅勤務は増えていないそうです。
_/_/  弊社は当にこの生産現場という『崖っぷち』に引っ掛かって、仕事を頂いているようです。)
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ まぁもう本当に『タメ息』しか出ない方も多いと思いますが、今はもう、ワクチン接種の効果に期待をするしか無いのでしょうねぇ。
_/_/ 幸いここ尾道でも65歳以上の方々へは『接種予約のお知らせ』も届いているようですが、
_/_/ 先日ご近所の先輩が予約を行おうとしたところ、予約可能な日は、ほぼ一ヶ月後の7月以降に成っていたような……。
_/_/
_/_/ 『オリンピックの開会式までには、一回目の接種は出来そうだ!』
_/_/ 『マラソンが行われるまでには、2回目も接種出来そうですね!』
_/_/ ハッ、ハッ、ハッ!じゃ無いですが、60歳以上の私たちが接種出来るのは、パラリンピックも終わった頃に成るのでしょうねぇ…。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ こうなりゃ、自分の身は自分で守るじゃないですが、やっぱり出来る事と言えば、仕事かDIYでしょうかねぇ……。
_/_/
_/_/ ちなみに先月触れた『屋根の塗装』は、11日に目途を付けました。
_/_/ 一旦、様子見……じゃ無いですが、塗り残しとか塗りムラとかの修正くらいは、いつでも出来る?
_/_/ (『いつでも出来る』を公言して、一年以内に出来たら優秀でしょうけど……。)
_/_/
_/_/ 一応、近所の高台から自宅の写真も撮影したのですが、夜目遠目に傘の内……じゃないですが、
_/_/ 鮮やかな『スカイブルー』の屋根は、異彩を放っていました。
_/_/ 我ながら『良くやった!』と褒めてやりたいところですが、その実、私は同じ事を2度としたくない。
_/_/
_/_/
_/_/ まぁこれは私のような『机上の原寸師』なら、誰しも昔から言われていると思いますが、
_/_/
_/_/ 『屋根の塗装 = 洗浄 > 下塗り > 上塗り』というのが、机上での正論なら、
_/_/
_/_/ 『屋根の塗装 = 恐い > 身体中が痛い > 熱中症』というのが、現場での現実です。
_/_/
_/_/
_/_/ 製造業では、失敗を糧に、失敗から学ぶ……という美談もどこかで聞いたような気はするのですが、
_/_/ 私には『もう一度』という気概など無かった……というのか、兎にも角にも、
_/_/ 『どうすれば、この苦境から脱することが出来るのか?』
_/_/ 私にはそんな『苦痛』しか感じられませんでした。
_/_/
_/_/
_/_/ その上で敢えて私は今回の『想定外』を言うのですが、
_/_/ コンクリート瓦の表面って『平ら(たいら)』じゃ無かったのです。
_/_/
_/_/ 勿論、元々が『瓦』自体も真平らでは無い(他の瓦と重なる両端の部分は、跳ね上がった羽のような断面)のですが、
_/_/ その両端部を除けば『残りは平面?(そこには大きな凹凸など無い。)』と思っていたのです。
_/_/
_/_/ ……なので、ローラーさえ使えば、立ったままの姿勢でも塗装作業は出来るはず?
_/_/ (まるで『モップ掛け』でもしているかのように塗装作業は出来るはず?)
_/_/ 『楽勝!』とまでは言わないまでも、難しくは無い!……そう思っていたのです。
_/_/ (それでも鬼瓦とか凹凸の激しい瓦は『刷毛』で塗るしかないと思ったので、
_/_/  全体の10%くらいの範囲は『難航』も覚悟をして、そのための準備も行ったつもりだったのです。)
_/_/
_/_/
_/_/ 果たして、最初に鬼瓦の列だけ刷毛で塗ってみると、これは予想通りの難作業。
_/_/ 刷毛塗りの作業自体は難しく無いのですが、高所で中腰の姿勢を保つと、想定外の負担を腰に掛けてしまうようです。
_/_/ ものの30分も作業を行うと『もうあかん!』じゃないですが、腰の痛みに加えて額から噴き出す汗。
_/_/
_/_/ 『これってまだ下塗りなんだし、少々の塗りムラなんて、上塗りでカバー出来るよね。』
_/_/ その時はまだ、そんな楽観論で自分の悲壮感を押えることも出来たのですが……。
_/_/
_/_/ 休憩は頻繁に取り、ポカリスエットも充分に補給を行いながら作業を行ったので、鬼瓦の列だけ下塗りを行うのに凡そ2時間。
_/_/ さぁ、ここからは立ったままの姿勢でローラーが使えるから、モップ掛けの要領で、作業効率は一気にアップ!
_/_/
_/_/ ……って、これって何??何で塗れないの?じゃ無いですが、ローラーが瓦の表面でジャンプして、塗料が瓦に付着しないのです。
_/_/
_/_/
_/_/ 『そっかぁ〜〜、そうだよな〜〜、元々が表面には凹凸も有るンだし、少しローラーを押し付けなきゃダメだよねぇ。』
_/_/ ……って、少し力を込めてローラーを押し付けてみるのですが、どういう訳か、真平らだと思っていた平面部に塗りムラが出来てしまいます。
_/_/ これって確かに3本、10ミリ角の凸筋は表面に有るのだけれど、何故にここだけが塗りムラに成ってしまうのか?
_/_/
_/_/
_/_/ まぁその程度の問題の原因にも直ぐには気付けないのが、塗装に関しての『素人』なのでしょうねぇ。
_/_/ しばらくは、おかしいなぁ、押し付ける力が足らないのかなぁ、塗料の量が足らないのかなぁ……。
_/_/ ローラーを掛ける向きも横向きから縦方向に変えてみたり、色々、思考錯誤はしてみたのですが……、
_/_/ 結果として、ローラーでは塗れない?そんなバカな!じゃあ、何のためのローラーなんだ!
_/_/
_/_/
_/_/ その2時間後、私は使っていたローラーの繊維が摩耗して、塗料を含み辛く成っていることに気付きました。
_/_/ ローラーを交換しなきゃ……って、その時にふと、ホームセンターの店員さんが勧めてくれた『小さめのローラー』に目が留りました。
_/_/ 『そう言えば、今、使っていたこの大きなローラーは、自分で選んだンだっけ?』
_/_/
_/_/ 普通に考えれば大きなローラーと小さなローラー、大きい方が一度に沢山塗れるはずだから、大きい方を選びますよね?
_/_/ でもホームセンターの店員さんが勧めてくれたのは、小さいほうのローラーです。
_/_/ 勿論その時は大きい方のローラーの予備も有ったのですが、ここはダメ元でも小さい方のローラーで、……って、塗れるじゃん!
_/_/
_/_/
_/_/ これ以上の詳細を書くと、私は私自身が『本当にバカなのか?』と思わざるを得なくなるので書きません。
_/_/ 詳しく説明すると、きっとそれだけで一冊の本が作れるのでは?とも思いますが、ことの核心とか正しい対策って、今も分かりません。
_/_/
_/_/ でも確かなことは、道具には一長一短が有る……と言うのが、小さめのローラーは鉛筆程の小さな芯に長い毛足なので、凹凸の有る面も塗れたのです。
_/_/ (私の選んだ大きいローラーは、サランラップのような太い芯に短い毛足なので、凸部では毛足が根元まで届かなかったようなのです。)
_/_/
_/_/ しかしこの毛足の長さは曲者で、毛足(と言うよりも、綿のようもの)が長い分、その摩耗も早いようなのです。
_/_/ まるで毛糸のセーターに毛玉が出来るかのように、小一時間もすると毛先には弾力性が無くなって、綿の塊に成ってしまう……。
_/_/ こうなるとまた交換……、小一時間も使うと、また交換……って、ローラーの替え芯も一つ400円と安くは無い!
_/_/ その上で下塗り用のシーラーも7L缶で7500円!刷毛やスプレーなら2缶で済んだのかも知れませんが、私が要したのは、2.5倍の5缶。
_/_/ (コンクリート瓦が自体が劣化していたので、シーラーの吸い込みも著しくて、塗っても塗っても塗布出来ない……みたいな?)
_/_/
_/_/
_/_/ 結果的にそこから先(全体の約70%)は、屋根の上に座り込んで『ローラーと刷毛による塗装』を続けたのですが、
_/_/ その3日後に下塗りの作業を終えた時、正直に思ったのは、
_/_/ 『今回の屋根の塗装色は、この下塗り材の白色!……という事で、いいんじゃない?』
_/_/ (現に『これだけでも雪が積もっているようで、綺麗じゃないか!』って、ご近所さまには言われたし……。)
_/_/
_/_/
_/_/ 約1500枚の瓦の内、立ったままの姿勢で『モップ掛け』のように塗れたのは400枚程度なのです。
_/_/ (それすら瓦の凹凸に阻まれて容易では無かった……。)
_/_/ 残りの約1000枚は屋根の上に這いつくばって、一枚一枚、塗って行ったのです。
_/_/
_/_/ その方法も、もう限界!右手なんてローラーや刷毛を持つ握力自体が無くなっていたし、腕には赤黒い『内出血痕』まで出ていたのです。
_/_/
_/_/ この状況で、もう一回、同じ枚数の瓦に『上塗り』って出来ると思いますか?
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ まぁ結果的には、その翌日から雨が降って上塗りの作業は中止。
_/_/ 中止が3日ほど続いたことで『やっぱり、上塗りもやろうかなぁ……。』って思えるようにも成ったのですが、その時点で今年のGWは終了。
_/_/ 最終的には11日の午前中まで、更に3日間を掛けて、上塗りを終えた……と言うのか、最後の方はペンキを『撒いただけ』のような感じです。
_/_/
_/_/ ちなみに上塗り用の塗料だって14L缶で14000円!
_/_/ 私はこれを3缶購入しましたが、さすがに最初からこれを『水を撒く』ように使うことは出来なかった。
_/_/
_/_/
_/_/ 昔は学校の掃除では、やりましたよねぇ。^^;
_/_/ バケツの水を床に撒いて、それをモップに巻いた雑巾で伸ばすだけ。
_/_/ それはそれで『掃除を終えた気分』には成れますが、その行為に女子から向けられる冷ややかな視線には動じない『確固たる姿勢』も必須。
_/_/ 『なんだかんだ言ったって、早く終わったンだからいいじゃんか!』……って、私は幸い、先生につげ口をされた記憶だけは無いけれど……。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ そんなこんな、最後の1缶はまだ半分近く残っているようなので、仕上げ用としては充分な量なのですが、実はいまだに手足が痛いのです。
_/_/ 上塗り作業で更に悪化した腕の内出血痕は一週間ほど湿布して治ったのですが、指が痛くて、パソコンさえも使えないような状況が続きました。
_/_/ 今も朝目覚めると指の関節は火照ったような状況ですし、ベットから床に足を降ろすと膝に痛みを感じます。
_/_/ (当然、スクワットなど出来ない……と言うのか、トイレで座る際には慎重に成らざるを得ない訳で……。)
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ まぁ、ここまでのことをすれば、その代償も大きい(屋根瓦の高圧洗浄機も購入したので、総経費は10万円越え)。
_/_/ ここまでのことをしても、この家がこの先30年も持つとは思えないし、私がこの家を出て介護施設に入るのも、そこまで先とは思えない。
_/_/ (妻などは『あんたが居なくなれば、私は市営住宅に引っ越す。』と公言していますし……。)
_/_/
_/_/ ある意味、私はこの家に『この55年間、家族を守ってくれてありがとう。』の気持ちを表現したかっただけなのかも知れませんね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 5月は孫の誕生日が有ったので『誕生会とかどうするの?』みたいな話も有ったのですが、結局はコロナ対策の自粛で適わず。
_/_/ 爺婆は誕生日プレゼントだけ宅急便で送り、ラインで送られて来た『孫の喜ぶ姿』を動画を見るだけ……って、皆さんそうなのでしょうかねぇ?
_/_/ 一応6月には父の日とかも有るようなので、コロナが落ち着けば息子も孫を連れて来るのでしょうが、
_/_/ その際には『えっ、屋根の色……、塗ったんじゃね。』って気付いて欲しいものですよねぇ。
_/_/
_/_/ ちなみに屋根を塗り終えて『これで雨漏りは大丈夫?』とか思っていたら、家の外で大きな水音……、雨どいが2ヶ所壊れていました。
_/_/
_/_/ 一ヶ所目は屋根を洗浄した際の『コケ』が詰まっていただけなので、スコップで掻き出しましたが、もう一ケ所は、完全に折れているような?
_/_/
_/_/ 実際には雨どいの継ぎ目が外れていたのですが、雨どいを支えるブラケットも錆び付き、朽ちていました。
_/_/
_/_/
_/_/ まぁ、築55年にして色々と手も加わっているので仕方も無いのですが、スレート葺きの屋根を増築する際に、その雨どいを分割したの原因だったようで……。
_/_/ 増築されたスレート葺きの屋根が邪魔になってしまい、ブラケットを交換するのは本当に大変だったのですが、これも何とか形には成ったような?
_/_/
_/_/
_/_/ そう言えば我が家では玄関の網戸も『オーダーメード』で作って貰っていたのですが、施工先の製作不良で使用出来ないモノに成っていました。
_/_/ これもこの5月に色々と手を加えて、何とか形には成ったような?
_/_/ (その際に気付いた玄関の土壁の崩落も、凝固剤とパテで何とかしたような……。)
_/_/
_/_/
_/_/ こうして考えてみると、家って、古ければ古いなりの楽しみ方も有るのかなぁ?
_/_/
_/_/ 次なる目標は『屋根裏の補修』とか『床の修復』とか、少し高度な作業に成りそうですが、
_/_/ 先日は特売品の『丸ノコ』とかも購入したので、出来ればチャレンジしてみたい!
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ ……と、勿論、私の本業は『橋梁の原寸』なので、延期になった案件の作業が再開されたら最優先。
_/_/ その再開までには『屋根の塗装の仕上げ』も出来たら幸いです。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 今日も一日を無事に過ごせた事だけに、感謝!です。
_/_/
_/_/ 精進致しますので、皆様も日々の精進を心掛けましょう!!
_/_/





【過去のひとり言】
2014年1月〜2014年12月

2015年1月〜2015年12月

2016年1月〜2016年12月

2017年1月〜2017年12月

2018年1月〜2018年12月

2019年1月〜2019年12月

2020年1月〜2020年12月

LAST UP DATE 06.01.2021

FIRST UP DATE 10.08.2000

更新不定期(目標は、月1回)

このホームページの内容を、管理人の許可なく転用することは禁じます。