あれれ…^^;の橋梁製作・・・鋼橋編


橋の製作に関する、色々な話題です。業界以外の方々にも、興味を持てる解説… みんなの力で、製造業の未来を切り開きましょう!!!


橋造りに携わる皆様、今日もお疲れさまです!!

このホームページは、主に橋梁原寸(生産設計)の話題を取り上げています。
設計や製作に関わる方々も、是非一度立ち寄って下さい。
力を合わせて、橋造りの技術を磨きましょう。
みんなの力で後世に ”日本の橋造り ” を継承しましょう。


別館へ立寄る お経読誦”健康法”解説のHPです。お疲れの人は立寄ってみて下さい。



感謝!!ありがとうございました。 最近、心ある方々からアドバイスを頂くことが出来ました。
これは「橋を作る上での理屈」なので、知っておいて損は無いことです。
皆さまにも関心を持って頂けたら幸いです。


★3次元原寸システム ”proBridge” を紹介しています。☆

★切断・孔明・溶接データ編集システム ”SoftDraw” を紹介しています。☆

コンテンツにある”proBridge"は、”CRCソリューションズ社”、
”ミプソン、マスターソン”は、”JIPテクノサイエンス社”に帰属するシステムです。
”CL/DLデータ”は、”JIPテクノサイエンス社”のNCデータフォーマットです。
”AutoCad”及び”AutoCadLT”は、”オートデスク社”の登録商標です。
”SoftDraw”は、 SoftBridge社 サノテック社に帰属するシステムです。
各々のシステムの詳細は、帰属主へお問い合わせをお願いします。
(このホームページでは、良いものを良い!!と紹介しています。^^;)

<<あれれ…^^; 2021年4月のひとり言>>


_/_/ 『今年はお花見を自粛しましょう。』
_/_/ ここ尾道市でも、この様な要請が出されていたのは一年前の話。
_/_/ あの時は行きつけの温泉施設も休館になって、満開の桜を露天風呂から眺めることさえ出来なかったのですが、
_/_/ 今年は運良く?その願いだけは適ったので、それだけでも良しとしなきゃ成らないのでしょうねぇ……。
_/_/
_/_/ 巷では、変異コロナの影響で第4波の流行が始まっている、という話も耳にしますが、
_/_/ どうなのでしょうねぇ?これってもう処置無しじゃないけれど、どうしようも無いのでしょうねぇ。
_/_/
_/_/ このままだと、また温泉施設は休館……って話に成っても不思議じゃないし、
_/_/ 県外への外出に『自粛要請』が出されるのも時間の問題?と思わなくは無いですが、
_/_/ 兎にも角にも現時点(4月4日)に於いては、日本国内での緊急事態宣言は解除されている状況。
_/_/
_/_/ この状況を『幸い』とするのかどうかは、各人の判断……という事に成るのでしょうが、
_/_/ 皆さまに於かれましては、兎にも角にも『無事』にお過ごしをされて居られるでしょうか?
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ それにしても、ここまでコロナ禍が長引くと、業務面への影響も無視出来ないですよねぇ。
_/_/ 自粛自粛も良いけれど、これは弊社のような零細企業にとっては『待ちに徹しろ!』って言っているようなもの。
_/_/
_/_/ 実際、昨年は3ヶ月近くもの『ゼロ操業』を受け入れたのですが、今年も同じような状況になるのなら、
_/_/ それはさすがに『ヤバい!』ですよねぇ……。
_/_/
_/_/ こんな状況下で遠方の客先へ『仕事を下さい!』ってメールをしても、それだけで操業度が埋まるなんて事は有り得ないし、
_/_/ かと言って旧縁を頼って客先へ出向く……なんてのも、私も逆の立場なら『見送って欲しい。』って言うでしょう。
_/_/
_/_/ とどのつまり、座して死を待つか?おかずを無くしたお茶漬けだけ生活を構築するか?みたいな、
_/_/ 不愉快な選択肢でも、いずれかを選択をするしか無いのでしょうが……誰だって、不愉快な選択はしたく無いですよねぇ。
_/_/
_/_/
_/_/ 国もコロナの患者数が増加傾向なのは知っていて、緊急事態宣言を解除……ということは、正直、サジを投げたのでしょうが、
_/_/ こうなると自分の身は自分で守れ!じゃないですが、『もう、どうでもいい!』みたいな話も増えるのでしょうねぇ……。
_/_/
_/_/ なんなんだか、これからは個々人の『素』の姿を、露骨に見せつけられてしまうのかなぁ。
_/_/
_/_/
_/_/ ちなみに私は、他人から陰口を出来るだけ言われたくない人なので、
_/_/ 提示された選択肢が全て不愉快なものだったとしても、それが対外的なものならば、不愉快な選択をするつもりです。
_/_/ でも因果が自分自身に帰結すると思われる範囲内に於いては、無暗な自粛を推奨するつもりなど有りません。
_/_/
_/_/ なので、この時期に『遠方での営業活動』はしませんが、同じ遠方でも『墓参り』はしたいと思っています。
_/_/ (墓参りを口実に立ち寄っていた客先へは、立ち寄らない方が良いと思っています。)
_/_/
_/_/
_/_/ 日帰り温泉も、施設が営業している限りは極力通いたいですが『黙浴(もくよく)へのご協力を』と書かれている以上、
_/_/ 施設内での会話は慎みたい……要は、温泉へ行くのなら一人で行きたいと思っています。
_/_/ (とは言っても、駐車場に停められている車のナンバープレートって、つい、見ちゃいますよね。)
_/_/
_/_/
_/_/ 当然のことながら『仕事』は継続しているのですが、当面は地元の客先と一念托生……じゃ無いですが、
_/_/ 客先も昨年は操業度の確保で御苦労をされたのか、今のところは忙しそうです。
_/_/
_/_/ このままの状況が、私の年金受給が可能になる4年先まで続けば、私としては『言う事なし!』なのですが、
_/_/ こればかりは一波乱も二波乱もあるのでしょうねぇ、これからも……。
_/_/
_/_/ せめて今年の一年間くらいは、順調な弊社への発注が続くことを、神仏へ願うばかりです。
_/_/
_/_/
_/_/ ……と、悩ましいのは『お遍路』なんですよねぇ……。
_/_/ 実は3月には2度、四国へ渡ったのですが、これは目的地が市街地では無かったことが幸いでした。
_/_/
_/_/ 先月もこのページでは触れたのですが、今回最初の目的地は四国でも最南端の足摺岬。
_/_/ 最寄りの高知市からは100キロくらいは離れていますし、ここ尾道からだと最短でも300キロは離れています、
_/_/ これって『人口密度』という意味から言えば、それは最良の安全地帯なのでしょうが、
_/_/ 逆に私や妻を含めた『旅行者』は『危険地帯から来た要注意人物!』って、白い目で見られることも予想される訳です。
_/_/
_/_/
_/_/ そんなこんなで私が選択したのは、往復700キロ、時間にして15時間もの日帰り旅行。
_/_/
_/_/ 『折角来るのなら、一緒に一泊出来る時に来て欲しかった。』
_/_/ 確か十数年振りだったか20年振りだったかで再会した、大学時代の同級生。
_/_/ (私たちが学生時代だった頃から顔見知りだった妻とは、30数年振りの再会でしたが……。)
_/_/
_/_/ まぁ今どきの事なので、年賀状の住所をググって友人の自宅は確認したのですが、
_/_/ 事前のラインでは『ご自宅の周辺を通過する。』としか伝えられませんでした。
_/_/
_/_/ 要するに、玄関先まで出向いて、不在なら郵便受けにお土産だけ置いて帰る……と言う通過方法を私は選択したのです。
_/_/ (結果的には在宅だったので、自宅の玄関前で互いにお土産の受け渡しだけ行って、
_/_/  『お互いが達者なら、また会おう!』という通過結果になりましたが……。)
_/_/
_/_/
_/_/ 何気に味気ない選択肢。
_/_/ そもそも私は滅多に外出自体をしてないし、妻も職場では徹底的に健康管理をされている立場。
_/_/ この状況にプラスでマスクなら、もう少し時間を取って再会を喜び合っても良かったのでは?と思わなくもないのですが、
_/_/ 現時点では、これが最善の選択だったと思うのです。
_/_/
_/_/ だって彼にも彼の家庭や職場での立場が有りますものね。
_/_/ それってきっと、学生時代に私と二人で同宿していた頃の立場とは、大きく異なるはずだから……。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ そんなこんな3月の1回目のお遍路は、四国88ヶ所の第37番岩本寺から第40番観自在寺までの4ヶ寺を参拝。
_/_/ (さすがに朝5時から夜8時まで掛かったドライブは、『修行』と言うにも相応しい強行軍。
_/_/  帰路では松山道との合流付近で車線を間違えたり、中央分離帯へ引き寄せられたり……。
_/_/  『同人二行』のお大師様が守ってくれていることを実感しました。)
_/_/
_/_/ 2回目は四国88ヶ所の第43番明石寺までと、別格20霊場の第8番十夜ヶ橋までの6ヶ寺を参拝。
_/_/ (この日からは、往路も復路も『しまなみ海道』経由です。)
_/_/
_/_/ あれでもこの2度のお遍路で『街中に有った巡礼先』と言えば、宇和島市内の別格6番龍光院……という話に成りそうですが、
_/_/ そこは2度目の巡礼の朝一番(8時)の参拝で、小雨も降っていたためか、他の参拝者はゼロ。
_/_/ (記帳所の管理人さんからは『参拝者さん?なのですか?』みたいな……、場違い感さえ感じました。)
_/_/
_/_/
_/_/ ちなみに今回のお遍路で同時に巡礼している『別格20霊場』って言うのは、何気に88ヶ所のお寺とは雰囲気が異なります。
_/_/ まぁ、それは霊場なのだから……と言えばそうなのでしょうが、兎にも角にもその大半は『難所』と言われる山中に有ります。
_/_/ (そもそも別格1番の大山寺は初回に参拝したのですが、これまでのところ、ここが一番の難所だったと思っています。)
_/_/
_/_/ 今回も別格7番の出石寺は、物凄かった!
_/_/ 出石寺は標高800Mを越える山の山頂付近に在ったためなのか、はたまたその時は霧が濃かったせいなのか、
_/_/ 途中でナビが案内を中断してしまったのです。
_/_/ (何気にモニターから進路を示す道筋が消えると、ドキっ!としますよね。^^;)
_/_/
_/_/ 『中断って言ったって、この道しか無いンだから、これで良いンだよねぇ?』
_/_/ 『う〜〜ン、スマホでも検索してみるから、ちょっと待って。』
_/_/ 『あれれ^^;どういう訳か、進路が再表示されてるじゃん、もうちょっとで到着みたい。』
_/_/
_/_/ 当に『鬱蒼』とした山道(参道?)を抜けて辿り着いたのは、どこか荒涼とした駐車場。
_/_/ ここにも他の参拝者の車は一台も停まってなくて、本当にここは目的地なのだろうか?半信半疑で車から身を出すと、
_/_/ 『わっ!寒っ!』
_/_/
_/_/ 丁度その日はお彼岸の中日で、里では桜の花も五分咲きの暖かさだったのに、ここってまだ真冬の寒さじゃン!
_/_/ 徒歩で5分程の階段を登り、本堂での読経を終え、晴れていれば九州さえも見渡せる……という景色を見に行くと、
_/_/ 『えっ!ここって雲の上じゃんか!』
_/_/
_/_/
_/_/ その日はお彼岸の中日にも関わらず、九州のお墓へはお参りにも行かずに強行したお遍路。
_/_/ それがお墓のご先祖様の不興を買ったのか、41番の龍光寺で降り始めた雨が42番の仏木寺では土砂降り状態。
_/_/ 前回までのお遍路では、一度として参拝中に雨は降らなかったので、少し油断はしていたのですが、
_/_/ 『雨中での参拝って、こんなにも大変なことなのか。』って思い知らされました。
_/_/ (傘を差した状態で蝋燭に火を灯し、その火を線香に点けるとか、それって傘が本来の持つ役割を無視するような所業です。
_/_/  やっぱり次回からは、雨カッパとバスタオルくらいは常備しておかなきゃ……。)
_/_/
_/_/ 4月はまず、お遍路よりも墓参りを優先……って、墓参りも往復600キロなので、本来なら一泊したいところ。
_/_/ 宝くじでも当たったら、山口の日本海側『角島』を訪れて宿泊したいです。^^;。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ そんなこんな、次回は第44番の大寶寺からの参拝に成りますが、次の45番岩谷寺までは山の奥に在るようです。
_/_/ でもその次の第46番辺りからは、四国では高松と双璧の都市『松山市』の周辺に遍路先は密集しているようです。
_/_/
_/_/ 『岩谷寺は、かなり山奥に有るから大変だけど、それを越えるとそれからは、結構、楽に回れるぞ。』
_/_/ 助言を頂いているご近所の先輩は、あっと言う間に77番まで進んだそうですが、松山と言えば『道後』ですよね。
_/_/ 当初の予定では51番の石手寺を参拝したら道後の湯に浸かる予定だったのですが、やっぱりダメでしょうねぇ……。
_/_/ (道後で一泊して、翌日も巡礼を終えたら『鈍川温泉』へ立ち寄る予定だったのですが……。)
_/_/
_/_/ まぁもう贅沢は言って居られない……と言うのか、兎にも角にも『巣籠り』だけは避けないと、
_/_/ 身体的にも精神的も整わないようなのです。
_/_/ (お遍路で身体を動かすと血圧も下がるようなのですが、最近は、また上昇傾向有り……。)
_/_/
_/_/ ちなみに最近は少し仕事も忙し過ぎる傾向で、精神的にも少しキレ易く成っているような……。
_/_/ (妻からも『お〜〜恐っ!』って言われて、あっ、ダメだ!と思うことが増えたような……。)
_/_/
_/_/ 別段、お遍路で無くても身体を動かすことは出来るのですが……。
_/_/ (例えば『草むしり』を任されている家の前の畑で『草刈』をしても血圧は下がるのですが……。)
_/_/
_/_/
_/_/ 何度か書いているように、次回に44番と45番を回れば、それは88ヶ所の半分を越える事に成る訳です。
_/_/ その上、44番〜88番までは瀬戸内の沿岸なので、ここ尾道から見れば、比較的『近場』という話。
_/_/ (前半の44ヶ所と後半の44ヶ所では、かなり条件も異なる……という話です。)。
_/_/
_/_/ ここまでの好条件にやっとの想いで至りながら『ここで力尽きた。』なんて話にだけは、絶対にしたく無い!
_/_/ 願わくば、妻の還暦の誕生日までには『結願』も成し遂げたい!
_/_/
_/_/
_/_/ このように考えると、兎にも角にもまだ自分の意思通りに『自分の身体を動かせる。』のは有難い話。
_/_/ 逆に言えば、自分の身体はいつ動かせなく成っても不思議では無いわけで……。
_/_/
_/_/ 出来る事、そしてやるべきことは、出来る内にやっておく事も『智慧』では無いでしょうか?
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 4月を迎えて、予定通りに隣保班の班長役は今期の班長さんへと引き継いだ訳ですが、
_/_/ それに先立って『慣わし』として行われているのが、地区の荒神様へのお礼参り。
_/_/
_/_/ これは俗に言う『言い伝え』なので、正しい作法とかしきたりとか(多分有るのでしょうが)は、誰も知りません。
_/_/
_/_/ 私も10年ほど前に前回の班長役を終えた時に『貴方らは若いから知らないでしょうから……。』て、
_/_/ 近所のおば様から『お礼参りのやり方』を教わったはず?なのですが……。
_/_/
_/_/ 『えっ?荒神様?それってどこへ有るの?』
_/_/ 『何言ってるの?10年前に○○さんと一緒に行って教わったじゃないか。』
_/_/ 『ええ〜〜っ、そうじゃったかねぇ?覚えてないけど……。』
_/_/
_/_/ まぁ、弊社では年に一度の決算でさえ『どうだっけ?』の状態なので、10年も前の事なんて忘却の彼方。
_/_/ (ちなみに10年前は東北大震災の年で、正確に言うとその年が班長役、9年前がお礼参りの年に成ります。)
_/_/
_/_/ これって妻の記憶に頼ってもラチは明かないし、かと言って近所のおば様へもう一度聞くのも失礼?
_/_/ 『そ〜〜言えばコーくんは、3年前に荒神さんへは行ったん?』
_/_/ ご近所の先輩に聞いてみると、
_/_/ 『お〜〜っ、行ったぞ!お礼参りじゃろ〜〜が。』
_/_/
_/_/ ちょっと意外だったのですが、6つ年上の先輩は、何故かその慣わしを知っている様子。
_/_/ 『何で知っとるン?』
_/_/ 『そりゃ〜〜おまえ、近所のおじさんが「あんたら知っとンか?」言ぅ〜〜て来たんよ。』
_/_/
_/_/ なんだかそれはとっても心強いお言葉で、私の期待は膨らむばかり!
_/_/ 『それで、どうすりゃ〜〜え〜〜ンかねぇ?』
_/_/ 『そりゃ〜〜おまえ、荒神さんの周りを掃除して、酒を供えて「ありがとうございました!」で、え〜〜ンじゃないんか?』
_/_/
_/_/ あれっ?そうだっけ?それって近所のおば様から聞いた話とは違って、簡素過ぎるような気がするけど?
_/_/ 『要は、荒神さんへ感謝の気持ちが通じれば、え〜〜ンよっ!』
_/_/
_/_/ そりゃそうだ。^^;
_/_/ それならば善は急げと言う格言も有るし、
_/_/ 『そぅ〜じゃね!今日は雨じゃけ参拝へは明日女房と行くとして、これから場所だけ確認して来るわ!』
_/_/
_/_/ そんなこんなで徒歩5分、荒神様が祀られている場所を訪れてビックリ!
_/_/ 『えっ!これって境内が草原に成ってるじゃん!』
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 実はこれは後で妻から聞いた話なのですが、近年はこのような『慣わし』を、実行されてない班も有るそうなのです。
_/_/ (実は先輩も『次期班長と一緒に行くんぞ!』と言いつつ、『そう言えば、一人で行ったっけ?』みたいな……。)
_/_/
_/_/ 確かに班長の引継ぎとかは年に一度のことなので、昨年もこの時季には誰かが草刈りをしたのかも知れませんが、
_/_/ 『草ボウボウで、お参りどころじゃ無いんだけど。』って先輩へ状況を報告すると、
_/_/ 『そ〜かものぉ〜〜、最近は、誰も行ってないンかも知れンのぉ〜〜。』
_/_/ (でも3年前に先輩は、お一人で掃除をして、お酒を供えて、ありがとうございました!って手を合せたンですよね?)
_/_/
_/_/
_/_/ 帰宅した私は、撮影した写真を妻に見せながら『草ぼうぼうじゃけ、雨が上がったら草刈りするわ。』って言ったのですが、
_/_/ 妻は『何であなたが、せにゃいけんの?あなたの庭じゃ無いンよ。』の大剣幕。
_/_/ これには売り言葉に買い言葉じゃないですが、
_/_/ 『誰も手伝ってくれなんて言って無いわ!』
_/_/ 『お〜〜恐っ!』
_/_/
_/_/ なんでこんなことで妻と言い争わなきゃ成らないのか、私には良く分からないのですが、
_/_/ 結果的には翌日一人で草刈機を持参して30分草刈りをしただけで、辺りは境内っぽく成りました。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ でも、これってどうなのでしょうねぇ?
_/_/ 実際、自分の庭でも無い場所の草を刈っていると、誰かからは『嫌そうな顔』をされるかも知れません。
_/_/ (自分だけ善人面しやがって……って妬む人は、必ずどこにも居るものです。)
_/_/ しかし草を刈ることで誰かが不利益を被るとは思えませんし、何よりも私は、確かにそれをやりたかった訳で……。
_/_/
_/_/ なんとなく最近は、こんな感じの理不尽と言うのか……、何気に自分の想いが伝わらないことが多くて、
_/_/ これを『キレた!』って解釈されるのは、ちょっと辛いですね。^^;
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 先の3月12日、弊社(合資会社 中村プロダクトコンピュート)は、創立20周年目を迎えました。
_/_/ 思えばこの20年間、私は客先や皆さまから助けられてばかりで、その恩返しなんて一つも出来ていない。
_/_/ この一年間の無事を荒神様へ『草刈り』という行為で恩返し出来たのなら、
_/_/ この20年間の御恩に対する皆さまへの恩返しも、何らかの形で出来そうなものですが……。
_/_/
_/_/ なかなかどうして『感謝』を形で表すのは難しいものですが、
_/_/
_/_/ 皆さま、弊社(合資会社 中村プロダクトコンピュート)を20年間も支えて頂き、ありがとうございました。
_/_/
_/_/
_/_/
_/_/ 今日も一日を無事に過ごせた事だけに、感謝!です。
_/_/
_/_/ 精進致しますので、皆様も日々の精進を心掛けましょう!!
_/_/





【過去のひとり言】
2014年1月〜2014年12月

2015年1月〜2015年12月

2016年1月〜2016年12月

2017年1月〜2017年12月

2018年1月〜2018年12月

2019年1月〜2019年12月

2020年1月〜2020年12月

LAST UP DATE 04.04.2021

FIRST UP DATE 10.08.2000

更新不定期(目標は、月1回)

このホームページの内容を、管理人の許可なく転用することは禁じます。